多摩川水系

江戸という都市を下流にもったことで、江戸時代から始まる人為的な要因による流れ方の変化が最も著しい河川の一つといわれる「多摩川」。その詳細を知ることが東京・江戸の自然環境変化を学ぶために重要なことがわかります。

サブカテゴリー

多摩川左岸
多摩川左岸の奥多摩、および多摩川左岸の河岸段丘を水源として、多摩川にそそぐ河川とその湧水の解説です。
多摩川河口
大田区と川崎市川崎区との境で東京湾に注ぐ。河口の左岸には、現在では東京国際空港(羽田空港)があります。 下流部は六郷川(ろくごうがわ)とも呼ばれ、浮島町公園付近で京浜港に注いでいます。

コンテンツ