トップ  >  日本園芸文化研究  >  花産地研究  >  東京エリア  >  東京の花卉園芸産業を知る  >  明治時代の花卉園芸産業

明治時代の花卉園芸産業

明治時代は、それ以前の江戸の園芸文化と多くの花が海外から、日本に紹介され、栽培されてきたことによって、開花した園芸文化の融合が進んだ時代です。

サブカテゴリー

令和元年12月発行の「日本花き園芸産業史・20世紀」を読んで
日本の花卉産業界が平成25年刊行企画をしてきた「日本花き園芸産業史・20世紀」がいよいよ刊行され、その中の桔槓圈β莪貍蓮嵬声・大正期の花き園芸」(小笠原左衛門尉亮軒著)からの情報を元にしたカテゴリーです。
産業としての「花き園芸」の捉え方は、非常に難しいと感じます。様々な花と人との文化を理解した上で、その文化を支える産業としての位置づけをどのようにまとめていくのか、育種、生産から、流通、保全・管理まで様々な産業が成り立ち、発展している今、その萌芽と発展をどのように産業史とまとめるかは、その文化への理解無しにはできません。このカテゴリーでは、そうした課題を元に初めての試みとしての産業史を見ていきたいと思います。

コンテンツ