トップ  >  品種別研究  >  「ハ行」の科の品種

「ハ行」の科の品種

「ハヒフヘホ」の科名の品種カテゴリーです。

サブカテゴリー

「バラ科」研究
バラ科 (Rosaceae) はバラ目に属する植物の科の一つ。およそ90属2500種を含む。
「ハナシノブ科」研究
ハナシノブ科(Polemoniaceae)はツツジ目の科の一つ。
世界に25属400種ほどあります。すべて草本です。
「蓮、ハス科」研究
「花蓮」の栽培の広がり、最も古くからの園芸品種のひとつとされていること。また、水との関わり無くして存在しえない「抽水植物」という特殊性も風土と関わりがより強くなります。日本や世界での蓮を発見していきます。
「ハナヤスリ目、科」研究
ハナヤスリ目(科)は、シダ植物の小群であるが、多くの特殊な点があり、一般的なシダ類とははっきりと異なる特徴を持つ。
「ヒノキ」科研究
ヒノキ科(ヒノキか、学名:Cupressaceae)は、針葉樹の科で世界的に広く分布する。以前は狭義のヒノキ科とスギ科(または亜科)の2つに分けていたが、現在は統合されている。
「ヒガンバナ科」研究
ヒガンバナ科 (Amaryllidaceae) は単子葉植物の科の1つ。
「ヒユ科」研究
双子葉植物の分類群。ほとんどが草で、世界に70属800種ほど(日本には5属10数種)あり、特に熱帯に多い。花は小さい風媒花で総状・穂状などの花序をなす。
「ブナ科」研究
ブナ科(ブナか、学名: Fagaceae)は、被子植物の科のひとつ。世界に7から10属、1,100種程度あるようです。多くは高木。古くは殻斗科とよばれました。
「フウロソウ科」研究
フウロソウ科(フウロソウか、Geraniaceae)は被子植物の科のひとつ。約800種を含み、草本または低木で、温帯と亜熱帯を中心として、世界に広く分布。
「ボタン科」研究
ボタン科 (Paeoniaceae) は双子葉植物の科で、ボタン属Paeonia だけからなる単型科である。花が大きく美しいボタンやシャクヤクを含む。