トップ  >  品種別研究  >  「マ行」の品種

「マ行」の品種

「マミムメモ」の品種科名の植物のカテゴリーです。

サブカテゴリー

「マメ科」研究
マメ科(まめか、Fabaceae syn. Leguminosae)は、被子植物に含まれる分類群の1つで、いわゆるマメの仲間を含む。
「マタタビ科」研究
マタタビ科(マタタビか、学名: Actinidiaceae)は、被子植物の科の一つ。マタタビ、サルナシ、キウイフルーツなど3属が含まれる。
「マツブサ科」研究
マツブサ科 (Schisandraceae) はアウストロバイレヤ目に属する被子植物の科の一つ。日本にはサネカズラなどが自生種として知られている。
「ミカン科」研究
ミカン科(Rutaceae)は双子葉植物の科で約150属、900種からなる。木(一部草本)の状態で存在し、温帯から熱帯に分布する。精油を含み芳香(異臭の場合もある)を有する。花に芳香のあるものも多い。
「ミズキ科」研究
ミズキ科(みずきか、Cornaceae)は、被子植物の科の1つで、ミズキ、ハナミズキなどを含む。
「ミソハギ科」研究
ミソハギ科 (Lythraceae) は双子葉植物に属する科。29属600種ほどがあり世界の熱帯から亜寒帯にかけて広く分布する。日本には5属、十数種が自生する。
「メランチウム科」研究
メランチウム科(またはシュロソウ科、Melanthiaceae)は単子葉植物ユリ目の中の分類群で、従来の分類(新エングラー体系、クロンキスト体系等)ではユリ科に含められることが多かった。APG植物分類体系では16属170種ほどの草本からなる。主として北半球温帯に分布。
「モクレン科」研究
モクレン科(学名 : Magnoliaceae)は、モクレン目に属する被子植物の科の1つで、モクレンを含むもの。
「モッコク科」研究
以前は、ツバキ科モッコク亜科とされていましたが、現在は、独立した科。被子植物の分類群の一種。常緑木本で、日本には4属10種ほどが自生する。
「モチノキ科」研究
モチノキ科 (Aquifoliaceae) は被子植物の科で、2属約600種の木本からなり、世界各地に分散して分布する。日本にはモチノキ属のみがあり23種ほどある。
「モクセイ科」研究
モクセイ科(モクセイか、Oleaceae)は、双子葉植物に属する科。木本で、つる性のものもある。花弁は合着して4裂(一部5−8裂)の合弁花冠を形成する。花は芳香を放つもの(モクセイ、ジャスミン、ライラックなど)が多く園芸や香料に利用される。またオリーブは食用としてよく利用される。