トップ  >  品種別研究  >  「ア行」の科名の品種  >  「アブラナ科」研究

「アブラナ科」研究

アブラナ科(アブラナか、Brassicaceae)は、フウチョウソウ目に属する科。APG植物分類体系では、すべての植物の科が、典型属に由来するものに改められたため、アブラナ属(Brassica)に由来するものになっているが、旧学名も保留名として認められており、最新の書籍でも新名と保留名が併記されていることが多い。

サブカテゴリー

イヌガラシ属(Rorippa)
アブラナ科の一属。イヌガラシとスカシタゴボウなどの品種の属。
ダイコン属(Raphanus)
ダイコン属(Raphanus)は、アブラナ科の属の一つ。
ニワナズナ属(Lobularia)
ニワナズナ属(庭薺属、学名:Lobularia)は、アブラナ科の植物である。かつてはミヤマナズナ属(Alyssum)に分類されていた。
ナズナ属(Capsella)
アブラナ科の一属。ナズナが代表品種。Capsella(カプセラ)は、ラテン語の「小箱」という言葉が語源です。
マガリバナ、イベリス属(Iberis)
属名のIberisとはイベリス属の植物の多くがイベリア半島に多く分布していることから命名されました。

コンテンツ