logo

園芸リンク



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (19)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (84)  |  RSS/ATOM 記事 (28616)  |  ランダムジャンプ  

メイン  arrow  園芸  arrow  研究、教育機関  (26)


ソート順:   タイトル ( タイトル (A to Z) タイトル (Z to A)) 日付 ( 日付 (登録日の古い順) 日付 (登録日の新しい順)) 評価 ( 評価 (評価の低い順) 評価 (評価の高い順)) 人気 ( 人気 (ヒット数の少ない順) 人気 (ヒット数の多い順))
現在のソート順サイト: タイトル (A to Z)


訪問   草と木と花の博物誌(栗田子郎) おすすめサイト    最終更新日 2014-2-12 0:13
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関
主催者  栗田子郎
説明
個人の植物の個人研究者のサイト:

栗田子郎氏略歴(サイトより転載)

1936年、掛川市に誕生
1954年、掛川西高等学校卒業
1958年、東京教育大学理学部生物学科卒業
1962年、千葉大学助手〜講師〜助教授〜教授(理学部)
2001年、千葉大学名誉教授

理学博士(東京都立大学)
アメリカ植物学会、分類学会、日本進化学会、他、会員。

ヒット数: 64   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   名古屋園芸 おすすめサイト    最終更新日 2011-11-12 23:38
カテゴリ  園芸  arrow  種や苗(花・野菜など各種植物)の販売  :  園芸  arrow  研究、教育機関  :  園芸  arrow  書籍、文献
主催者  名古屋園芸株式会社
住所  愛知県  名古屋市  中区東桜2-18-13 map
電話番号 052-931-8701  
説明
■名古屋園芸株式会社
名古屋市中区東桜2-18-13
Tel 052-931-8701
営業時間 9:00〜19:00
年中無休

◆江戸園芸の資料が公式サイト内にある
小笠原佐衛門尉亮軒氏主催

ヒット数: 78   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   あさがお類画像データベース    最終更新日 2011-1-10 19:52
カテゴリ  園芸文化研究  arrow  花研究  arrow  古典植物関連  arrow  朝顔(あさがお)  :  園芸  arrow  研究、教育機関
説明
このデータベースは,総研大共同研究プロジェクト「生物形態資料画像データベースの構築」に参加しています。

ヒット数: 11   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   さいたま市大宮盆栽美術館 人気サイト    最終更新日 2012-2-12 10:57
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関  :  植物園、栽培場  arrow  国内  arrow  埼玉  :  園芸文化研究  arrow  野生種、山草関連  arrow  研究機関、データベース  :  園芸  arrow  さくらそう以外の園芸植物
主催者  さいたま市大宮盆栽美術館
郵便番号 331-0804
住所  埼玉県  さいたま市  北区土呂町2-24-3 map
電話番号 048-780-2091  
説明
大宮の盆栽村で知られるさいたま市にある市立盆栽美術館

【施設概要】:公式サイトから転載

名高い大宮の盆栽村に近接して設けられた当館は、旧高木盆栽美術館のコレクションをひとつの核とした盆栽の名品、優品をはじめ、盆栽用の植木鉢である盆器や、一般には水石と呼ばれる鑑賞石、盆栽が画面に登場する浮世絵などの絵画作品、それに、盆栽に関わる各種の歴史・民俗資料等を系統的に収集、公開することにより、さいたま市の伝統産業にも指定されている盆栽の文化をひろく内外に発信することを目的として、活動していくこととなります。
その活動の柱として当館が掲げるのは、大きくは次の三つです。

ひとつは、盆栽と盆栽を取り巻くさまざまな伝統技芸の歴史や意義を、美術史や工芸史、園芸文化史などの多様な観点から調査・研究して、得られた高度な成果を展示活動や出版物を通じて、わかりやすく公開していくことです。また、展示事業ばかりではなく、各種の講座、講演会などの普及事業をも積極的に展開して、盆栽文化に親しんでいただくための機会を、年間を通じて常に開催していきます。そのうえで、当館では、学際的な盆栽研究の確立を目指します。
二つめは、鉄道博物館と並ぶさいたま市の新たな名所として、市民の方々はもとより、国内外から当市を訪れる方に、盆栽の素晴らしさ、面白さに気軽に触れていただくための主要な観光の拠点となることです。
そして、三つめが、当館の観覧をきっかけとして、さらには、盆栽村を中心とした市内各所の盆栽園を訪れていただき、盆栽の奥深さをより味わうなかで、皆さまに伝統産業としての盆栽業の力強い応援団となっていただくための、いわば水先案内人を務めることです。
このような盆栽に関わる研究センター、さいたま市の新しい観光拠点、そして、盆栽産業活性化の一助という三つの役割を一体化して推し進めることを、当館は活動の柱といたします。

ヒット数: 137   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   アサガオホームページ(九州大学理学部生物学教室)    最終更新日 2011-1-10 19:58
カテゴリ  園芸文化研究  arrow  花研究  arrow  古典植物関連  arrow  朝顔(あさがお)  :  園芸  arrow  研究、教育機関
主催者  九州大学
説明
九州大学の当研究室は、文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)「アサガオ突然変異系統の収集・保存・提供」の中核機関に選定されており、その資金でアサガオの系統保存事業を行っています。

ヒット数: 21   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   イタリアの花のデータベース(ピサ大学運営・CHROBASE.IT)    最終更新日 2012-4-14 10:46
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関
主催者  Biology Department, University of Pisa
郵便番号 I-56126
住所  Pisa, Italy  via Luca Ghini 5 map
説明
ピサ大学の園芸学部が運営するイタリアの花のデータベース

ヒット数: 87   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   エクステリア&ガーデン・アカデミー(E&G Academy)    rss 最終更新日 2014-2-14 0:34
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関  :  教育機関、スクール他  arrow  民間カレッジ、コミュニティスクール他  arrow  ガーデニング、園芸
説明
住まいの外部空間を「 エクステリア&ガーデン 」という一つの空間としてとらえ、設計・デザイン・提案するために必要な知識と技術を体系的に勉強〜習得する、エクステリアデザインとガーデンデザインを同時に学ぶ専門校、E&Gイーアンドジーアカデミー。

<東京校>
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-4-2 宮木ビル5F
TEL:03-5825-8782
FAX:03-5825-8783

<大阪校>
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区3-10-11
LIXIL新大阪ビル内
TEL:06-6390-5174
FAX:06-6390-5175

ヒット数: 87   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

訪問   育種学のページ(鵜飼保雄)    最終更新日 2012-6-5 8:48
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関
主催者  鵜飼 保雄
説明
鵜飼保雄教授の「育種学」についての情報ポータル

ヒット数: 7   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   一般社団法人 日本土壌肥料学会    最終更新日 2014-2-16 2:54
カテゴリ  園芸  arrow  研究、教育機関  :  自然環境研究  arrow  テーマ別研究
主催者  一般社団法人 日本土壌肥料学会
郵便番号 113-0033
住所  東京都  文京区  本郷6-26-10-202 map
電話番号 3815-2085  
説明
日本土壌肥料学会の目的

本学会は、食糧の生産に深く関係している土壌学、肥料学、植物栄養学の近代的な理論と技術体系を構築することを目的として、1927年に設立された学術団体です。以来、国土資源の保全に関連する環境科学の分野なども取り込んで発展を重ね、現在では3,000名を超す会員を擁し、研究活動や技術開発の範囲を広げてきました。

本学会は大学・国公立試験研究機関・民間研究機関の研究者、国や地方公共団体の技術行政担当者など、幅広い会員によって構成されていますので、会員の活動を通じて、様々な視点からの研究問題の提起や情報の交換がなされています。

今日、世界的には、人口の爆発的増加や土壌の劣化による食糧の持続的生産に対する懸念、酸性降下物、地球温暖化などの環境問題についての関心が高まり、国内的にも、土・水・大気・植生・景域保全との調和を図りながら農業生産の一層の効率化を追及するという、いわゆる環境保全型農業への期待が膨らんでいます。このような問題を解決し、21世紀における人間社会の安定的発展に貢献することを目的とした本学会の役割は極めて大きく、活動成果の輩出が見込まれています。

ヒット数: 93   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)

訪問   園芸学会    rss 最終更新日 2009-5-10 11:53
カテゴリ  園芸  arrow  協会、団体  :  園芸  arrow  研究、教育機関  :  園芸  arrow  情報サービス
主催者  事務局    園芸学会
郵便番号 602-8048
住所  京都府  京都市  上京区下立売小川東入る 中西印刷株式会社内 map
電話番号 075-415-3661   FAX番号 075-415-3662
説明
同学会サイトより転載
【学会概要】
「園芸学会は園芸に関する研究および技術の進歩を図るために1923年(大正12年)に創立されました。現在,春・秋2回の大会を開催し,果樹,野菜,花き,利用の4部会に分かれて研究発表を行っています。Journal of the Japanese Society for Horticultural Science(英文誌),園芸学研究は年4回発行されています。両誌とも欧米の学術雑誌にもしばしば引用される質の高いものですが、同時にわが国における園芸産業の発展にも大きく寄与しています。
 また学会には各地域に支部(東北,北陸,東海,近畿,中四国,九州)があり,年1回大会を開催するなど活発に活動しております。園芸学会に興味を持たれる多くの方の 入会,参加をお待ちしております。」

【沿革】

【沿革】
1923年(大正12年) 園芸学会創立
1925年(大正14年) 園芸学会雑誌創刊
1994年(平成6年)
京都で第24回国際園芸学会議が開催される。
「Horticulture in Japan」・「日本の園芸」が出版される。

1998年(平成10年)
園芸学会創立 75 周年記念式典・講演会が、東京新宿京王プラザホテルにて開催

「新園芸学全編 − 園芸学最近25年の歩み」刊行
1999年(平成11年)
園芸学会ホームページ公式に公開
2000年(平成12年)
園芸学関連文献データベース検索サービス開始
2001年(平成13年)
年間優秀論文賞の創設
2002年(平成14年)
「園芸学研究」の創刊
2004年(平成16年)
国立情報学研究所のNACSISにおいて、「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」のオンライン公開が始まる。
園芸学会ホームページの英文ページが公開される
園芸学会秋季大会(宇都宮大学)において、授乳室・保育室が開設される。
2005年(平成17年)
園芸学会事務局が中西印刷株式会社内に移転
J-Stageにおいて「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」のオンライン公開が始まる。

NACSISはCiNiiに統合される
2006年(平成18年)
「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」の出版社を中西印刷株式会社に委託
J-Stageにおいて「園芸学会雑誌」および「園芸学研究」の電子投稿が始まる。
園芸学会新ホームページ公開
2007年(平成19年) 園芸学会雑誌が完全英文誌化され,正式名称がJournal
of the Japanese Society for Horticultural Science となる。

<転載、以上>

ヒット数: 65   評価: 0.00 (投票数 0 )
修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS



(1) 2 3 »