トップ  >  品種別研究  >  「ア行」の科名の品種

「ア行」の科名の品種

アイウエオの科名の品種のカテゴリーです。

サブカテゴリー

「アサ科」研究
アサ科(アサか、麻科、Cannabaceae)はバラ目に属する植物の科の一つ。クワ科に含められていたアサ属とカラハナソウ属が分離されて設立された。他の属はニレ科のエノキ亜科とされていたが、APG植物分類体系で本科に移された。
「アマ科」研究
アマ科(Linaceae)はキントラノオ目に属する科の一つ。繊維と油を採るために栽培されるアマなどが含まれる。
クロンキスト体系ではコカノキ科などとともにアマ目としていた。
「アジサイ科」研究
アジサイ科(アジサイか、学名:Hydrangeaceae)は、双子葉植物の科の1つ。アジサイ、ウツギ(ウノハナ)などの16属約190種を含む。低木または大型の草本でつる性のものも多い。
「アゼナ科」研究
アゼナ科またはアゼトウガラシ科 (Linderniaceae) は被子植物の科。従来の分類ではゴマノハグサ科に含められており、APG植物分類体系の第2版(2003年)までは他の多数の種とともにオオバコ科に移されたが、別系統とする意見もあり、APG III(2009年版)でアゼナ科として分割が認められた。
「アブラナ科」研究
アブラナ科(アブラナか、Brassicaceae)は、フウチョウソウ目に属する科。APG植物分類体系では、すべての植物の科が、典型属に由来するものに改められたため、アブラナ属(Brassica)に由来するものになっているが、旧学名も保留名として認められており、最新の書籍でも新名と保留名が併記されていることが多い。
「アカバナ科」研究
アカバナ科 (Onagraceae) は、双子葉植物の科で、その多くは多年草。草本、低木。約640-650種ほどあり、世界中に分布している。フクシア、ツキミソウ、マツヨイグサなどを含む。国内には15属ある。観賞用の園芸種もあるが、野生化した帰化植物として、分布している品種も多い。
「アオイ科」研究
アオイ科(Malvaceae)は双子葉植物の科のひとつで、従来の分類では約75属、1500種からなる。
「アカザ科」研究
被子植物の科の一つ。アカザ科((Chenopodiaceae))。大部分が草本で、乾燥地や海岸に産するものが多く、塩生植物(アッケシソウなど)もある。
「アヤメ科」研究
アヤメ科 (Iridaceae) は単子葉植物の科で、多年草からなる。世界に66属2000種ほどあり、南アジアなどを除く世界の熱帯から温帯にかけて分布し、特に南アフリカに多く産する。
「アカネ科」研究
アカネ科 (Rubiaceae) はリンドウ目に属する被子植物の科の一つ。アカネなどを含む。クロンキスト体系ではアカネ目に分類されていた。
「イチイ科」研究
イチイ科(イチイか、学名:Taxaceae)は、裸子植物の科。
現生群は6属約30種。
「イネ科」研究
イネ科(Poaceae)は、は、おおよそ700属と8000種が属する被子植物単子葉類の大きな科で、世界中で広く分布しています。
「ウコギ科」研究
ウコギ科 (Araliaceae) は双子葉植物の科の一つ。木本、大型草本、およびつる性植物からなり、約60属900種を含む。
「エゴノキ科」研究
エゴノキ科(Styracaceae)は双子葉植物の科。
「オオバコ科」研究
オオバコ科 (Plantaginaceae) は双子葉植物の科。
形態を基にした新エングラー体系及びクロンキスト体系では、オオバコなどを含む小さい科として扱われてきた。しかし分子系統学による研究で、これまでゴマノハグサ科とされてきた大きなグループが多系統であることが明らかになり、APG植物分類体系では、オオバコ科は、キンギョソウ、オオイヌノフグリ、ジギタリスなどを含むような再編先の科となっている。
「オミナエシ科」研究
オミナエシ科(Valerianaceae)は被子植物の科の1つ。オミナエシなどを含む7-17属300-400種からなる。
「オトギリソウ科」研究
オトギリソウ科(Hypericaceae)はキントラノオ目に属する科で、約9属560種からなる。低木から草本まであり、つる性のものもある。