トップ  >  花研究

花研究

日本に咲き誇るさまざまな樹木、草花の花。その野生種から園芸、栽培種までを研究し、楽しみ方を発見していきます。

サブカテゴリー

植物の基本知識
花を研究する上で植物について、知っておきたい基礎知識をまとめました。
「品種別」研究
品種のか科別の研究カテゴリーです。
「ハナヤスリ目」研究
ハナヤスリ目は、シダ植物の小群であるが、多くの特殊な点があり、一般的なシダ類とははっきりと異なる特徴を持つ。
「菊」研究
キク属(キクぞく、Chrysanthemum)は、キク科の属の1つで、通常、菊(キク)と普段呼ばれている種は、その属の雑種の一品種でイエギク(家菊、Chrysanthemum × morifolium syn. Chrysanthemum × grandiflorum Kitam.)のことを指しています。
「オトギリソウ科」研究
オトギリソウ科(Hypericaceae)はキントラノオ目に属する科で、約9属560種からなる。低木から草本まであり、つる性のものもある。
「ツバキ科」研究
ツバキ科(Theaceae)は、ツツジ目に属する植物の科。 ツバキ、サザンカ、チャ(茶の木)、ナツツバキなどを含む。
「ガガイモ科」研究
ガガイモ科 (Asclepiadaceae) は双子葉植物の科で、草本または低木でつる性のものが多い。特に熱帯から亜熱帯に多く分布し、温帯にも草本がある。約250属2700種。3亜科に分類される。これらはキョウチクトウ科と共通の系統に属すことが明らかになったため、APG分類体系ではキョウチクトウ科に含める。
「オオバコ科」研究
オオバコ科 (Plantaginaceae) は双子葉植物の科。
形態を基にした新エングラー体系及びクロンキスト体系では、オオバコなどを含む小さい科として扱われてきた。しかし分子系統学による研究で、これまでゴマノハグサ科とされてきた大きなグループが多系統であることが明らかになり、APG植物分類体系では、オオバコ科は、キンギョソウ、オオイヌノフグリ、ジギタリスなどを含むような再編先の科となっている。
「ツユクサ科」研究
ツユクサ科(Commelinaceae)は単子葉植物の分類群のひとつ。約40属650種を含む。
「イネ科」研究
イネ科(Poaceae)は、は、おおよそ700属と8000種が属する被子植物単子葉類の大きな科で、世界中で広く分布しています。
「サクラソウ科」研究
サクラソウ科 (Primulaceae) は北半球の暖帯から寒帯を中心に広く分布する被子植物の科である。世界に28属約1000種があり、日本には9属37種が分布する。
「クワ科」研究
クワ科 (Moraceae) はバラ目に属する被子植物の科の一つ。約40属、1000種以上(半分以上がイチジク属)あり、特に熱帯と亜熱帯に多い。木本または一部草本です。
「カタバミ科」研究
カタバミ科(Oxalidaceae)は双子葉植物の分類群のひとつ。8属約930種を含む。
「ヒユ科」研究
双子葉植物の分類群。ほとんどが草で、世界に70属800種ほど(日本には5属10数種)あり、特に熱帯に多い。花は小さい風媒花で総状・穂状などの花序をなす。
「スグリ科」研究
スグリ科(Grossulariaceae)は双子葉植物の科で、果物として利用されるスグリ属(Ribes)を含む。APG IIIではスグリ属のみ、150種ほど。
「スミレ科」研究
スミレ科 (Violaceae) は被子植物門双子葉植物綱の科の1つで、スミレやパンジー、ニオイスミレなどの品種を含んでいます。
「ジンチョウゲ科」研究
ジンチョウゲ科 (Thymelaeaceae) は双子葉植物の科で、44属500種ほどあり、大部分が低木で一部草本もある。
「ナンバンギセル」研究
一年草の寄生植物で、イネ科、カヤツリグサ科、ショウガ科などの単子葉植物の根に寄生する。ナンバンギセル属の品種は全て、寄生植物。
「クサスギカズラ科」研究
クサスギカズラ科(クサスギカズラか、学名:Asparagaceae)はクサスギカズラ目に属する単子葉植物の科の一つ。アスパラガス科、キジカクシ科ともいう。
「シュウカイドウ科」研究
シュウカイドウ科(秋海棠、Begoniaceae)は双子葉植物の科のひとつで、ベゴニアなどを含む、球根性の草本が多い。2-5属およそ1000-1400種がある。
「イラクサ」研究
イラクサ科 (Urticaceae) は、多くは草本で、一部に木本になるものを含む、被子植物の一群である。花が地味なのが特徴。
「スイカズラ科」研究
スイカズラ科(すいかずらか、Caprifoliaceae)は双子葉植物の科で、スイカズラのほか、花を観賞するアベリア、タニウツギや、庭木にするサンゴジュ、果実を食用にするハスカップ(クロミノウグイスカグラ)、ガマズミ、ニワトコなどを含む。
「センリョウ科」研究
センリョウ科(Chloranthaceae)は被子植物の科の一つ。センリョウ、ヒトリシズカ、フタリシズカなど、4属65種を含む。
「グミ科」研究
グミ科 (Elaeagnaceae) は被子植物の科。温帯(主に北半球)から熱帯に分布する木本、3属50種ほどからなる。
「ツツジ科」研究
ツツジ科 (Ericaceae) は被子植物の科の1つ。現在主流のAPG植物分類体系では、約125属4000種ほどの大きな科で、木本・草本を含め、温帯から寒帯に広く分布する。
「キンポウゲ科」研究
キンポウゲ科(学名:Ranunculaceae)は、双子葉植物キンポウゲ目に属する科である。ウマノアシガタ科(ウマノアシガタはキンポウゲの別名、普通は前者を標準和名とする)の名も用いられる。多くは草本またはつる性。
「シソ科」研究
シソ科 (Lamiaceae) は約180属3500種を含むシソ目の科の一つ。
「ドクダミ科」研究
ドクダミ科(Saururaceae)はコショウ目に属する、4属6種からなる科
「ゴマノハグサ科」研究
ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)は、双子葉植物に属する科のひとつ。草本または低木からなる。世界的に分布し特に温帯や熱帯の高山に多い。
「ツリフネソウ科」研究
ツリフネソウ科(つりふねそうか、学名:Balsaminaceae)は双子葉植物に属する科。4属、約600種を含むが、ほとんどはツリフネソウ属に属する。
「クマツヅラ」研究
クマツヅラ科 (Verbenaceae) は被子植物の科。熱帯を中心に分布し、一年草から高木まであり、一部はつる性。
「タデ科」研究
タデ科(たでか、Polygonaceae)は双子葉植物の目の1つである。50–60属、約1100種。
「メギ科」研究
メギ科(Berberidaceae)は双子葉植物に属する科で、多年草と低木を含み、主に北半球に分布する約15属570種(大部分がメギ属)からなる。
「セリ科」研究
セリ科 (Apiaceae) は、ニンジンやパセリを含む被子植物の科の一つ。芳香を持ち、ハーブや野菜、香辛料として使われる種を多く含む。本サイトでは、ハーブ研究でこの科を研究しています。
「セリ科」研究
セリ科 (Apiaceae) は、ハーブ研究に格納しています。
「ハナシノブ科」研究
ハナシノブ科(Polemoniaceae)はツツジ目の科の一つ。
世界に25属400種ほどあります。すべて草本です。
「ヒガンバナ科」研究
ヒガンバナ科 (Amaryllidaceae) は単子葉植物の科の1つ。
「ユキノシタ科」研究
ユキノシタ科(ユキノシタか、Saxifragaceae)は、双子葉植物に属する科である。ユキノシタやクモマグサ、ヒマラヤユキノシタ、ネコノメソウ、チダケサシ(アスチルベ)などの草本を含む。
「レンプクソウ科」研究
レンプクソウ科(—か、Adoxaceae)は双子葉植物綱マツムシソウ目の植物の科で、クロンキスト体系以前には小さい多年草であるレンプクソウ Adoxa moschatellina 一種のみからなっていた。しかしAPG植物分類体系ではガマズミ属 Viburnumとニワトコ属 Sambucus (これまでスイカズラ科とされていた、ほとんどが木本)も含み、3属、150ないし200種を擁する。
「フウロソウ科」研究
フウロソウ科(フウロソウか、Geraniaceae)は被子植物の科のひとつ。約800種を含み、草本または低木で、温帯と亜熱帯を中心として、世界に広く分布。
「ベンケイソウ科」研究
被子植物の科のひとつ。およそ33属1400種の品種がある。
「ラン科」研究
ラン科(蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつで、その多くが美しく、独特の形の花を咲かせる。世界に700属以上15000種、日本に75属230種がある。
「マンサク科」研究
マンサク科(満作科、まんさくか、Hamamelidaceae)の品種は、世界の亜熱帯から暖帯にかけて、27属80-90種が分布しており、日本にもトサミズキ、マンサクなどの自生種があり、また、庭木として古くから栽培されている。
「ボタン科」研究
ボタン科 (Paeoniaceae) は双子葉植物の科で、ボタン属Paeonia だけからなる単型科である。花が大きく美しいボタンやシャクヤクを含む。
「ロウバイ科」研究
ロウバイ科(蝋梅科、Calycanthaceae)は、双子葉植物綱クスノキ目に属する植物の科である。東アジアとアメリカ合衆国に4属12種が分布する。
「カヤツリグサ科」研究
単子葉植物の一つの科。最も有名なのはパピルスですが、有用植物は少なく、全世界で約70属3700種があります。
APG植物分類体系ではイネ目(Poales))に属します。
「イラクサ科」研究
イラクサ科 (Urticaceae) は、多くは草本で、一部に木本になるものを含む、被子植物の一群である。花が地味なのが特徴。
「ユリ科」研究
ユリ科 (Liliaceae) とは、被子植物の分類の一つ。単子葉植物に属する。ネギ属やユリ、チューリップなど、地下に鱗茎・球根が発達するものが多いが、形態的には様々で、つる性のものや、葉が退化して茎が葉のようになったものもある。
「バラ科」研究
バラ科 (Rosaceae) はバラ目に属する植物の科の一つ。およそ90属2500種を含む。
「マメ科」研究
マメ科 (Fabaceae, Leguminosae) は、被子植物に含まれる分類群の1つでいわゆるマメの仲間。
科の階級に置くことが多いが、下位の3分類群を科にする見解もある(#下位分類を参照)。豆状の果実と種子をつくることを特徴とする。
「ヤマモガシ科」研究
ヤマモガシ科(ヤマオガシか、Proteaceae)は双子葉植物の科で、75から80属、1500種ほどからなる。

コンテンツ