トップ  >  「大人への社会教育」として、郷土・植木・園芸文化教育  >  現状の社会教育制度とその現状を知り、将来への課題を導き出す

現状の社会教育制度とその現状を知り、将来への課題を導き出す

国や自治体、各教育機関では、どのような視点、展望で「社会教育」活動を展開しているのか。その実態把握とその課題も含め、導き出すためのカテゴリーです。

サブカテゴリー

日本文化、意識の深層にあるアイデンティティを考えるー生きがいづくりへの課題とはー
社会教育の分野では、一般的に中年、若年、老人、女性など平面的にその世代を特徴的に分析して、議論がなされてきました。
しかし、実際には、それぞれの世代の生き方はアイデンティティは、日本という地域性と民族性から、どんな特殊性をもっているのかを知り、人々の「生きがい」づくり、それに合わせたコミュニケーション手法の獲得し、推進計画づくりに盛り込んでいくことは、多くの世代を対象とする社会教育活動を成功に導くためには欠かせません。

本カテゴリーは、そうした文化、人間の深層心理や生きがいなどを踏まえて、社会教育を推進していくために先ず必要な故河合隼雄先生の「人間の科学と日本文化」という視点から、「日本における世代別のアイデンティティ、生き方と生きがいとは」を学んでいきます。
長寿社会における生涯教育を考える
日本の現状から、未来の長寿社会の社会教育=生涯教育の課題を考える

コンテンツ