地域資産の発掘の仕方を学習する

地域力の向上は、いかに「地域資産」を見つけ出す、発掘する、創り出すかにかかっています。行政に任せておけば、他の地域の模倣程度の手法だけとなるのは目に見えています。

「地域知」の創出は、その地域に生き、住んでいるものだからこそ、できる知的創造作業です。このカテゴリーでは、その方法を「小金井」という地域をモデルとして、考えていきます。園芸文化はその一つのモチーフに過ぎません。今、小金井で進む「はけの道文化」づくりは、確かにその一つの実践例ともいえますが、それだけではない小金井の魅力づくりを摸索していきます。設計、作成中(2016/10/1)